レフィーネは染まらない?

レフィーネの染まり具合や色持ちは?

 

 

 

レフィーネは染まらない
という口コミを目にすることがあります。

 

でも!

 

よく染まる=
髪や頭皮へのダメージも大きいんです。


結論から言うと

 

レフィーネヘッドスパは、1度で染めるタイプの白髪染めではないので
初めの数回は繰り返し使うことで色が入り、満足な仕上がりになります。

 

「 染まらない 」 のではなく、髪や地肌に負担をかけずに複数回使って染めるもの

 

という解釈をしています。

 

 

そこで、白髪染めを選ぶ時に知っておきたいポイントと
レフィーネを実際に使ってみての染まり具合とうまく染めるコツをまとめてみました。

 

 

ヘアカラータイプの白髪染めには種類があります。

 

1.髪を同時に脱色しながら色を入れる

2.髪や頭皮の内部には浸透せず色を入れる

 

 

一般的なのは、1で「永久染毛料」と言います。

 

美容院でのヘアカラーやヘアダイ。
市販の2剤を混ぜて使うタイプの白髪染めなどが含まれます。

 

 

2は、「半永久染毛料」でレフィーネヘッドスパはこのタイプです。

 

髪に優しい白髪染めレフィーネ

 

 

他には、朝のお出かけ前に、気になる部分に一時的に色付けする
リタッチタイプの一時染毛料もありますね。

 

こちらも髪への負担の心配もなくシャンプーすれば落ちますが、雨や汗に弱いです。

 

 

単純に1回の染まり具合を比較すると、色落ちもしない「永久染毛剤」より
半永久のレフィーネヘッドスパが物足りなく感じることでしょう。

 

 

でも逆に、「 髪に優しい 」 という大きなメリットがあります!
何より、「白髪を染める」という面倒な感覚がなく精神的ストレスからも解放されました。

 

 

美容院での白髪染め費用と比べると、格安なのも嬉しい点です。

 

 

永久染毛剤と言っても、髪は伸びるので、新しく生えたり伸びたぶんに関しては
元の髪の色になり、染めることは結局繰り返さなければなりません。

 

 

白髪染め選びは、そんなことを踏まえて、それぞれのライフスタイルや
重視したいポイントなどの中から優先順位をつけて選択すればよいのかな、と思います^−^♪

 

 

 

 

レフィーネヘッドスパの効果的な染め方

 

 

それから、レフィーネでの白髪染めのコツもあります!

 

 

レフィーネヘッドスパを使う時は、ノンシリコンシャンプーを使うこと。です。

 

なぜかというと、一般的な市販のシャンプーに配合されている「シリコン」が
髪の表面をコーティングし、色の入りをさまたげているからです。

 

 

レフィーネでもノンシリコンシャンプーが販売されていますが、格安で済ませたければ
市販の石けん系シャンプーでOKですし、他のノンシリコンシャンプーでも大丈夫♪

 

レフィーネは染まらない?

 

 

石けんシャンプーの場合は、ちょっと髪がギシギシきしみますがそこは少しの我慢です。
レフィーネヘッドスパ使用後に乾かした髪は、サラサラ〜ツヤ感もアップしてます^ ^

 

 

髪をすっぴんの状態にした上で使えば、染まり具合もかなり良くなりますよ♪

 

 

 

他には・・

 

 

塗れた髪より、乾いた髪に使う。

 

石けんシャンプーで洗髪後、髪を乾かしてから使えばなおGOOD☆

 

 

使い始めは連続で使う。

 

初めての使用時は、乾いた髪に数日間(3〜4日)連続で使ってみて、
白髪に色が入ってきたら、バスタイムに週2回くらいのペースでトリートメント感覚で使っています。

 

気になる部分には重点的に塗ってみる。

コームを使ってムラなくのばす。

湯船 + ヘアキャップで蒸らす。温める。

 

 

こんな感じです。
効果には個人差もありますし、個人的な感想としてご参考程度に。。

 

 

私的には、髪に優しくて髪美人になれるレフィーネヘッドスパの満足度は高いです♪
永久染毛剤と比べた染まり具合を差し引いても、トータルで考えてレフィーネをリピしています。

 

レフィーネ公式ホームページはこちら

 

 

 

レフィーネは染まらない?関連ページ

レフィーネの安全性は?
LPLP(ルプルプ)と比較